読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スプリッティングマスターが割引不要の納得価格~!

オススメできます。薪割り初心者にオススメとどこかのブログで見たので購入。効果の程はまだ不明ですが、少しはガードの役目があるのではないかと期待しています。

コチラですっ!

2017年03月29日 ランキング上位商品↑

スプリッティングマスターヘルコ スプリッティングマスター 薪割斧 DT-6

詳しくはこちら b y 楽 天

柄は特別なクサビでしっかりと固定されているので!和製の斧より安心感があります。。もう少し細い方が!振り下ろしやすいと思います。デザインは気に入っています。真っ直ぐ振り下ろしているつもりでも、よくヘッドが回転してしまう。しかし節の多い松では何度かに分けて割らなければちょうど良い薪のサイズにはなりません。そのうち塗装が禿げていくのかな?初心者が故、狙いを外し木の部分に打ち当てることも数回。40センチ程度の桧ですが、サクサク割れます。試しに節が歪に入っている欅を割ってみたのですが、割れない時は食い込まず、すんなりでは無かったですが割る事が出来ました。また機会がありましたら、よろしくお願いいたします。昨年から薪ストーブの生活をするようになり、巻き割り斧についてもあまり詳しくありません。屋外で焚き火するなら!針葉樹でもさして問題ありませんでした。持ちがあまりよくないので短時間の焚き火なら広葉樹より使い勝手はいいかもしれません。女性の私には少々重たいですが切れ味抜群です。慣れるともう少し重たいほうが割りやすいかも。歯の形状が独特で、鋭く刺さり込みながら、大きく広がった部分で薪を割ります。上手く薪に当たらないと青い塗装が薪に付着します。初心者にも扱いやすい斧はないかと探して購入に至りました。500g軽いと振り下ろしの速度が速くなるので軽量でも割れるのかも。グリップの形状からか、振りやすく感じました。薪割り用に購入しました。これまで和斧を使用してきましたが,洋風な斧も使用してみたくて購入しました.割りやすい薪は素直に,割りにくい薪でも刃の重さと,薄い刃で食い込んでいきます.柄の形状が,振り下ろしたときに力が加わりやすい形状をしているように思います.また,和斧と違って刃先が楔のような形をしているので,割れた薪に柄が当たることがありません.女性でも使いやすいらしいです.今まで!和製3kg(柄を含む)のヨキとハスクバーナー製の捻れくさびを使用していましたが!加齢とともに体力が落ち3kgのヨキは重く感じるようになったため!軽量でもそこそこ使える斧を探していた折!この商品を見つけました。買ってよかったホームセンターのおのに比べてお得感がありました。しかも他店より安い!初心者でもパッカーンと割れました(^^)付属していた刃に被せるモノは、すぐにちぎれてしまいましたが(^.^;斧初心者です。初の斧購入でしたが!切れ味もよくって買って良かったです。自立性が今ひとつありません。今まで使っていた手斧とは比べ物にならないくらい良く割れます。息子たちにも薪割りをさせたいと思っていたのですが、中学生や小学4年の息子には気持ち大きいかな?と漢字ましたが、そこそこ使いこなしています。切れ味よかったです。立つことは立つのですが簡単に倒れてしまいます。ちょっと重たいのと!桧など素直な木は飛びすぎて拾いに行くのが大変でした。このDT6は柄も含めて2.5kgですが、3kgのヨキと同等かそれ以上に割れます。薪割り機で使用できない薪にも有効です!皆さんのレビューの通り期待していましたが、それほど?て感じです。焚き火用の薪のために初の斧購入です。初回の利用で木にダメージを与えてしまいました。上手く割れるようになるのが楽しみです。直ぐに壊れました。この度は!ありがとうございました。今回の薪は15〜20cm程度のスギです。小径まきはいいのですが!中位はヘッドが軽いせいか割にくいですね。実際に使ってみると柄の長さもちょうど良く、振り下ろしやすいです。風呂の薪割り用に購入。カバーのチープさに−1初の斧としてはとても満足のいく物でした。パワーがあるならもっと重くても良いかもしれないですが、わたしにはちょうど良かったです。こんな物なのでしょうか。知り合いから分けていただいた直径30〜40cmの赤松の玉切りがあったのですが、節がなくてうまくいけば一発で割れます。反対側は楔を打つときに使用できるし!初めての薪割には十分です。刺さっても抜きやすく!ちゃんと当たるとパカンと気持ちよく割れてくれます。革製のカバーでも自作しようと思います。とてもいい商品です。和斧なら諦めるような木でも、これならチャレンジしてみようかと思います。カバーがチープ過ぎます。手元に届いた感想は!思っていたよりもヘッド部分が小さい?と感じました。他社の洋斧ではガードが付いている物もあったので、ステンレス製の針金で首元を巻き補強してみました。まずまず満足しています。今年の薪はこれで作りました。主人は絶賛していて!時間をみつけては!薪割りを楽しんでいます。柄に使用されている材料はヒッコリーと言う北米産のクルミ科の木のことで、硬く、優れた強度を持っているのだそうですが、私にはチョット太く感じられます。